fc2ブログ
 
■プロフィール

ひゅ~ま

Author:ひゅ~ま
国産天然腐植資材「ヒューマス」の使用事例を中心に掲載していきます。
㈱エム・ティ・エルのスタッフブログです。

■最新記事
■カテゴリ
■ポチッと応援、お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

■月別アーカイブ
■最新コメント

■最新トラックバック
■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
レタスの保存日持ちテスト
こんにちは。

日々不安定な天候が続きますね。
もしものときの備えを忘れずにおきたいものです。

さて今回は、店頭で販売されているレタスにヒューマスを使用して
保存状態を見る実験について書いてみます!

同じ店舗にてレタスを2個購入し、一方には収穫時の切り口に
ヒューマス液を塗布、もう一方には何も施さず対照区としました。

・・・実験初日です。
当然ながら、両方とも新鮮な状態です。
レタスの保存試験初日

・・・実験二日目です。
両方ともまだ葉に張りがあります。鮮度の高い優秀なレタスですね (^^)
レタスの保存試験2日目

・・・実験三日目です。
対照区の方は、切り口と葉の一部が変色してきました。
レタスの保存試験3日目

・・・実験四日目です。
対照区の変色と葉の軟化が進んだため
経過観察を終了し、包丁を入れました。
レタスの保存試験4日目
想定以上に一目瞭然の違いが出て
中の人も驚く結果となっております (^^)

収穫後に限らず、栽培中の野菜や果物の剪定・芽かきの際などに
傷口を保護する目的でも効果を発揮しますので、ぜひお試し下さい!
(東京の梨農家様で、接ぎ木の成功率が大きく向上した例もあります)

それではまた。

エム・ティ・エルHP→
オンラインストア→



ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと応援、お願いします!






















スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

果物・野菜 | 19:28:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
梨の苗木植付テスト
こんにちは!

じめじめと湿度の高い季節になりました。
熱中症などにならないよう、注意して過ごしましょうね (^.^)

さて今回は、梨の苗木を植え付ける際に「活植源」を施用して
成長促進効果などを無施用区と比較した事例を紹介します。

まだ寒い2月、苗木植付の際に活植源1.5kgを2本に施用しました。
無施用区として別の2本を設定しています。

このように、苗木を中心のドーナツ状に筋まきをして
その後たっぷりと散水をします。
活植源梨苗木テスト

・・・そして真夏を迎えた8月時点で、
幹・枝の成長、葉数・葉色などに明らかな差が生じました。
なお期間中、無施用区のうち1本は枯死しました。
梨苗木比較活植源

天然土壌改良材として長年ご愛顧いただいている「活植源」
実は、天然記念物に指定されている「蒲生の大クス」の樹勢回復に使用されたこともあり
野菜や花はもちろんですが、樹木への使用も大変効果的なんです!

果樹の苗木植付や、樹勢の回復などにお役立ていただけますので
ご関心持たれましたらぜひお声掛けくださいね (^^)

(おまけ)
園主さんと私が、寒いのに大汗かいて湯気を出して作業しているのを
見守りに来てくれた?ジョウビタキ君です。カワイイですね!
活植源梨苗木テスト2

・・・それではまた!

エム・ティ・エルHP→
オンラインストア→



ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと応援、お願いします!

















テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

果物・野菜 | 14:23:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハウストマト生産者様を訪ねてきました
こんにちは。

桜の花も満開を過ぎ、いよいよ本格的に春ですね (^^)

さて今回は、茨城県つくば市のハウストマト生産者様を訪ねてまいりました。
コロナ禍の中ということもあり、かなり久しぶりの訪問です。
By-Q (2)


ハウス内の様子です。
現在は播種から苗作りに尽力されており、
本格的な栽培は、もうしばらくしてからになります。
By-Q (1)
トマトの苗作りにあたっては、リーフランの1,000倍希釈液を葉面散布されており
細根の発達が目覚ましいとの評価をいただいています。

育苗ポットから抜き出した際に根の周りの土がごっそり付いてきて、
社員の方も驚いているとのこと。
細かく観察いただいており、大変ありがたいことです!


・・このユニークな形の器具は、香川県から取り寄せたという特殊な捕虫器です。
光でおびき寄せたコナジラミなどの害虫をネットで捕獲できる優れものです (^^)
興味のある方はコチラまでどうぞ
By-Q (4)


最近、鶏も飼い始められたそうで、元気な姿が見られました。
当面はペットとして飼われているそうです。
By-Q (3)
こちらにも、エサや飲水に混ぜてヒューマスを与える提案をさしあげました!
畜産向けにもヒューマスは数々の実績がありますので
健康維持や臭気対策に必ずや役立つことでしょう (^^)

土耕での豆類やトウガラシ、パクチーなどにもリーフラン活植源を使用され
連作障害の緩和や根こぶ病の軽減、収量アップなどの効果を認められていますので
おいおい現地を訪ねて、ご使用状況を肌で感じていきたいと思っています。


それではまた!


エム・ティ・エルHP→
オンラインストア→



ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと応援、お願いします!

















テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

果物・野菜 | 13:16:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
しょうがの鮮度維持テスト
こんにちは。

日中はジンチョウゲの花の香りも漂い、春の足音が聞こえてきますね。
その一方で雪の予報もあったりと、まだまだ不安定な天候ですので
みなさま、体調管理には気を付けましょう (^.^)


先だって、しょうがの加工・卸を手掛けている業者様を訪ね、
店頭での鮮度保持むけにリーフランの使用テストを行いました!

左側のテーブルで、しょうがの成形・包装作業をなさっています。
小刀を使った、的確で軽快な手さばきには驚かされました。
しょうが鮮度維持
当初は、奥に見える洗浄・殺菌用プールにリーフランを混入する予定でしたが
少量で効果をはかりやすいという判断で、手間が増えるにもかかわらず
1個ずつスプレーいただくことになりました。

→結果
通常カット処理して出荷3日後には切り口の傷みや変色が出るそうですが
200倍希釈のリーフランを切り口にスプレーしたところ
1週間程度はきれいな状態を維持できたとのことでした!

ただし、あまり長持ちする(=商品の回転が悪くなる)のも卸の立場として
難しい部分もあるそうで、本採用はこれから検討されることになりました。


少し残念ですが、植物活性剤としての高い能力は評価されましたので
喜ばしいテスト結果になったと感じています (^^)

野菜類・根菜類などの鮮度維持には種々の実績がありますので
ご関心を持たれましたら、ぜひお問い合わせくださいね。


それではまた!


エム・ティ・エルHP→
オンラインストア→



ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと応援、お願いします!

















テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

果物・野菜 | 11:29:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
第17回お米日本一コンテストinしずおか
こんにちは!
今年も残りわずかとなりましたね。

例年、全国から美味しいお米が集結して品質を競い合う
「第17回お米日本一コンテストinしずおか」の最終審査が
12月17日(木)、18日(金)の二日間で開催されました!

お米日本一コンテスト告知チラシ

今年も実に636点の審査申し込みがあり、
その中から厳しい機器審査を経た選りすぐりのお米75点が「入賞」
さらにその中から官能検査を勝ち抜いた30点が「金賞」
さらにさらにその中から抜きんでた6点が「最高金賞」
最後に、頂点に立つたった1点が「特別最高金賞」となります!

・・・そして、弊社の植物活性剤「リーフラン」を
長年愛用いただいている「飯村昭司」様がみごと金賞を受賞されました!!
おめでとうございます (^○^)


飯村様に関わる過去ブログ記事はコチラ

飯村様の所属する「JA常陸ななかいの里生産研究部会」からは
6名が金賞を、うち1名が最高金賞を受賞するという、
今大会MVP級の活躍を見せて下さいました!

昨年の「第21回 米・食味分析鑑定コンクール」にて
リーフラン使用団体様が「国際総合部門 金賞」を受賞したことに続いての
吉報となりました!
大変うれしく思いますし、感謝の気持ちでいっぱいです (^^)

第21回 米・食味分析鑑定コンクールの過去ブログ記事はコチラ

このような形で、広く公にお客様の作物が評価されることは
製品への大きな自信にもつながります。

これからもお米をはじめ、様々な作物の品質向上や収量アップ効果などで
ユーザー様のお役に立てるよう取り組んでまいります !(^^)!

喜びの余韻に浸りつつ・・・
それではまた。

エム・ティ・エルHP→
オンラインストア→



ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと応援、お願いします!
















テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

果物・野菜 | 17:42:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ